総合病院の外科病棟で身に付く看護スキル

トップページ » 総合病院の外科病棟で身に付く看護スキルについて

総合病院の外科病棟で身に付く看護スキルについて

外科病棟のある病院の中でも総合病院等の多数の診療科を有する病院では外科的治療を要する疾患の種類・ステージも多岐に渡ります。 外科と一口に言っても消化器外科・胸部外科・呼吸器外科・腎臓外科・内分泌外科・口腔外科・整形外科等々様々です。総合病院等の診療科が細かく分類されていればそれだけ多数の外科も存在することになります。

外科病棟で身につく看護スキルは、将来どこへ配属されても活かす事のできるものばかりです。外科的治療を要する患者の持つ病態を理解するのは必須なので外科看護と同様に内科的な分野の知識も必要になります。さらに慢性期の様に長期に渡り自分の持つ疾患と向き合ってきた患者ばかりではなく、病気を受け入れられないままの治療開始という事も多々あるので心身面のフォローはもちろん精神的なフォローもより重要になってきます。

特にオペ後では十分想定していたとしても予想外の事も起こりやすく、その時に冷静に迅速に的確な対応を行うスキルが求められます。特に想定外の事は看護師の手薄な時間帯に起こる事が多いため、協力して業務分担し病棟内の患者・スタッフ全体の安全保持に努めなくてはなりません。 通常業務ですらバタバタと時間に追われる中オペ前の時間処置をしたり、オペ後の頻繁な観察を行ったり、ナースコールや電話の対応をしたりとこちらの状況はお構いなしに同時に様々な事を求められます。即座に優先順位を把握し迅速に全てを対応する頭の回転の速さも求められます。

総合病院ではオペ室一つ・外科医も一人という事はないので同日に何件ものオペ患者を対応するという事もあります。またオペでなくても前後の処置や観察を要する検査・処置も行われるのでそちらの対応もしなくてはなりません。またオペ前後の不安やオペ後の安静状態から介助を要する患者も多いので必然的にナースコールの回数も多くなります。様々な訴えに対応していく中でどんな患者の訴えにも柔軟に対応できる能力が養われていきます。

このようにこれらの外科病棟看護師に求められるスキルは日々の業務の中で自然且つ一つずつ着実に身についていくものです。数年もすれば、どんな状況においても周囲の状況から自分がどう動くべきかを即座に判断し的確な対処ができるようになります。また優先順位を即座に判断するスキルを身につけることで業務を効率よく行う事が出来るようになるでしょう。

また基礎が身についてより深く看護を追求していきたいと思う看護師は専門看護師・認定看護師を取得するという道もあります。また医療とは別になりますが、精神的なケア目的でカウンセラーの資格を取ったり、疼痛緩和目的でアロマやリフレクソロジーを学ぶ看護師もいます。空いた時間に仕事でも活用できる趣味や教養を身に付ける看護師は多いので、求められることの多い外科ではそれらの範囲も広がるでしょう。