トップページ » 総合病院の内科病棟で看護師に求められること〜大切なスキルと考え方〜

総合病院の内科病棟で看護師に求められること〜大切なスキルと考え方〜

 

総合病院の内科病棟で働く際には基礎看護はもちろん幅広い視野と応用力が求められます。

総合病院では一般的な疾患からあまり耳にする機会の少ない疾患まで多種多様になってきます。また、同じ疾患でも患者一人一人のADL・QOLや性格・生活背景は異なりそこに家族や周囲の思い等も入ってくるため、より柔軟な考え方や対応力が求められます。

 例えば今の状態であればこう看護すべきと思っていても実際に患者・家族がまったく異なる考えをもっているということが多々あります。良かれと思って無理強いした結果改善があったとしても患者の満足度は得られないでしょう。

しかし看護師も患者・家族も同じゴールを目指すわけです。そのためそこまでの経過は明らかに間違った方向に向かってしまうのでなければ、内科疾患の治療は長期にわたる事が多いため前向きに治療に長く取り組んでもらう為にもより患者の意向に沿ったものでなくてはなりません。

看護師として出来ることは主役である患者がゴールへ向かう為の手助けであると言えます。

病棟は治療・看護を提供する場であると共に患者にとっては生活する場でもあります。また長期療養になると患者にとっては病棟での日常生活に重点が置かれるようになります。そのため訴えも看護からかけ離れた内容になる事も多いです。

何十人という入院患者を平等に看ることが出来れば理想ですが、実際はなかなかそういきません。そこをどうフォローしていくかも重点課題になってきます。

病棟での看護師は看護のみでなく介護も必要となり、又患者の代弁者・指導者・時には家族となり入院期間を援助していく必要があるでしょう。

しかし病棟で固定観念を持たずに働いているだけで自然とそういったスキルは身についていき様々な事に対応できるようになるでしょう。

病棟看護を行う中で状態・状況が同じでもその瞬間瞬間で対応方法は変わっていき一辺倒の看護では限界があることを痛感しながら様々なケースからその時々の看護を学び看護の引き出しを増やしていきましょう。